YA*cafe 誰でも参加OKのYAの読書会

YA作品を読む人、YA作品を知りたい人が、 誰でも参加できる読書会「YA*cafe」と「横浜緑YAカフェ」の情報をお届けします

「YA*cafe」は池袋の東京芸術劇場で、 「横浜緑YAカフェ」はJR横浜線沿線の十日市場地区センターで開催しています。どちらもお試し参加OKです。
参加者限定の12歳から19歳までの「YA読書クラブ」は別に専用のサイトがありますので、リンクから飛んでください。           

「YA小説を書いてみよう部2018」でアンソロジー文庫『ハイブイン ご不要になった部員回収いたします。』を作りました!

f:id:nashiya-arie:20180531155949j:plain

表紙

f:id:nashiya-arie:20180531155959j:plain

裏表紙。


YA*cafeの番外編「YA小説を書いてみよう部2018」第二期の皆さんで自費出版の紙の本『ハイブイン ご不要になった部員回収いたします。』を少部数作りました。

今回は大学生を含む20代から30代の方が中心です。プロデビュー済みの作家さんから初めて小説に挑戦する方、様々な立場の6人で、一冊の本になるお話を作りました!!


紙の本で読んでみたい方は、一冊500円(送料別)でおわけいたします。売り上げの一部は読書奨学金に使います。
在庫があるうちは通販に対応いたします。入金方法は、ゆうちょ銀行の口座に送料込み価格680円を振り込める方。ご希望の方はまず在庫確認のためのメールをください。読書会などに参加予定の方は手渡しいたしますので、早めにご購入のご予約をしてください。今回は即売会などの出品の予定はありません。

無料の電子書籍のページも、近日公開予定です。(電子書籍サイトから紙の本にして購入することもできます)

 

紅槻(あかつき)高校の特別校舎の地下部室には、いらない部員を回収する「廃部員回収部」が存在する。部員のリサイクルの他、交換や修理もするらしい。「あの子がいなくなれば」「自分がうまくなれば」・・・・・・様々な思いに駆られた生徒が謎めいた部を訪れる。「YA小説を書いてみよう部2018」の部員が贈る心揺さぶる連作YAアンソロジー

『ハイブイン ご不要になった部員回収いたします。』
回収前に脱出せよ! 平谷
さよならハルジオン 葵ゆうま
もういない君の手を握る 神戸遥真
色のない絵 きなこ
しずかな涙 上野ヨウ
うろんな客 梨屋アリエ